【ネイルケア講座5】失敗しないジェルの塗り方

 

仕上がりに差が出る! ジェルネイルの上手な塗り方

 

ネイルケア講座 第5回では、ジェルネイルの塗り方を詳しく解説します。ここでご紹介する手順通りにやっていただければ、一般的なセルフネイラーさんとは明らかに違う仕上がりになりますよ。

 

ジェルネイルはボトルタイプのものと、コンテナタイプの2種類があります。コンテナタイプのものは、筆を別に用意して塗ります。ボトルタイプもコンテナタイプも、作業工程はどちらも同じです。なので、自分が塗りやすいものを選んで塗りましょう。

 

 

ジェルネイルは何も考えずに塗るのと、手順を理解して塗るのとでは仕上がりがぜんぜん違ってきます。なんでもそうですが、基本が大切ということですね。


 

用意するもの

 

・ベースジェル
・トップジェル
・カラージェル
・筆(※1)
・クリーナー(※2)
・コットン(※3)
・UVライト、あるいはLEDライト(※4)

 

※1 ボトルタイプじゃないときのみ
※2 最後の未硬化ジェルを拭き取るための液。未硬化ジェルが出ないタイプのものを使用する場合は必要ありません。
※3 未硬化ジェルを拭き取るために使用します。
※4 使用するジェルのメーカーに合わせて、推奨されているワット数のライトを使用してください。

 

ベースジェルを筆に取る

塗布する量には気をつけてください。筆のハケ全体にジェルが付いていると、塗っている間に筆の上にあるジェルが爪におちてきてしまいます。

 

量が多すぎるとうまくいきません。ジェルをすくったら、塗布しない方の筆の面はジェルポットのフチなどでこそぎ落としましょう。塗る面だけに適量をのせることがポイントになります。

 

 

ジェルを爪に置く

爪の真ん中あたりに筆についたジェルを全て置きます。

 

 

手前側の爪半分を塗る

置いたジェルの約半分を使い、手前側の爪半分を塗っていきます。

 

エッジも忘れずに塗りましょう。エッジとは真正面から見た爪の先端のことです。筆でスーッと触り少しジェルがつけば大丈夫です。

 

 

残りのジェルで根本まで塗る

置いたジェルの残りで、爪の根本側から先端までを塗りましょう。キワまで塗り残しなく塗れていてばUVライトまたはLEDライトに既定の時間硬化してください。これでベースが完成です。

 

爪の根元側も塗ります

 

キワまでしっかり塗れたら

 

UVライト、LEDライトで硬化させます

 

カラーを塗布する

ベースの塗り方と同様に、1回目のカラーを塗布し規定時間硬化します。必要に応じて、2回目のカラーも塗布しましょう。(※1回目で好みの色が出たのであれば、2回目のカラーは必要ありません。)

 

 

トップジェルを塗布

最後に、トップジェルを塗布して完成です。ベースやカラーよりは少し多めにジェルをとり、筆圧をかけずにすぅ〜っと筆を先端まで引ききりましょう。筆が爪の上などで止まってしまうと、そこにジェルがたまって表面がボコボコになる原因になります。

 

 

 

ネイルケア講座 第5回はジェルネイルの塗り方をご紹介しました。いかがでしたか?

 

ジェルの塗り方は決して難しくはありません。ですが、細かいコツがいろいろありますし、慣れも必要になってきます。ここで説明したことを参考にして何度も練習してみてくださいね。


 

ネイルケア講座 全10回

第6回のテーマ ≫ 失敗しない! ポリッシュの塗り方

セルフでポリッシュを塗ると、どうしても数日で剥がれてきたりしますよね? そこで、ネイリストがポリッシュを塗るときのテクニックをご紹介します。仕上がりやモチがぜんぜん違ってきますよ。