【ネイルケア講座2】爪の形の整え方

 

爪の形を整えるプロの技をご紹介

 

ネイルケアは甘皮などを処理するだけではありません。当然、爪の形を整えることも含まれます。爪の形を整えることによって、見栄えがよくなるのはもちろん、爪が折れにくくなる効果も期待できます。

 

 

自宅では爪切りでパチンパチンと無造作に真っ直ぐ切ってしまいがちですよね?

 

一方で、プロネイリストは「エメリーボード」というファイルを使って爪の形を整えます。


 

エメリーボードで整えると、自分がしたい長さをしっかりと確認しながら削っていくことができます。そのため、短く切り過ぎてしまう心配がないのがいいところです。

 

さらに、四角い形だけでなく、シャープな印象になる丸みをおびた形なども簡単にできます。四角い爪と丸みのある爪では似合うデザインも変わってくるので、自分がしたいデザインに合わせて爪の形をチェンジするといいです。

 

用意するもの

 

・エメリーボード(薄いファイル)
・ダストブラシ

 

エメリーボードを一方向に動かし爪を削っていく

では、実際に爪を整えてみましょう。まずエメリーボードで爪を削る際のルールとして、「ファイルは一方向にしか動かしてはいけない」ということに注意してください。

 

なぜ一方向にしか動かしてはダメなのか? それは、左右にファイルをかけてしまうと爪にダメージを与えてしまい、2枚爪などの原因になってしまうからです。

 

 

右利きの方であれば、ファイルを左から右に動かすとスムーズに削ることができます。逆に、左利きの場合は右から左に動かしてみてください。

 

ファイルを爪側へ傾ければ直線的に、ファイルを自分側へ傾ければ丸みのある形に削ることができます。この特徴はぜひ覚えておいてください。

 

角を丸く整える

好みの長さになったら左から右に角を丸く整えていきましょう。

 

 

 

反対側の角も丸く整える

次は、左の丸みに合わせて右から左へ角を丸く整えていきましょう。

 

 

側面だけでなく裏側の角も整える

爪の裏側にある角をしっかりと取り除いてください。

 

 

粉を払って完成

ダストブラシで粉を払ったら完成です。

 

 

 

ネイルケア講座 第2回は爪の形の正しい整え方をご紹介しました。いかがでしたか?

 

もともとの長さからかなり短くする場合は、事前に爪切りなどで短くしてからファイルで形を整えるようにしましょう。


 

ネイルケア講座 全10回

第3回のテーマ ≫ ウォーターケアのやり方

爪を柔らかくして行うウォーターケアは、爪がとってもキレイになるので日常のケアとしておすすめです。ネイルサロンでしかできないと思われがちなウォーターケアですが、自宅でできる方法をご紹介します。