【ネイルアート講座7】カモフラ・迷彩

 

おしゃれに取り入れたい「カモフラ・迷彩」

 

とても手の込んでいるように見えるカモフラ・迷彩ですが、じつは手順さえ間違えなければ簡単に描くことができます。ぜひ練習してみてください。

 

10本全ての爪に迷彩アートをやるのも可愛いですが、ちょっと派手になるのに抵抗があるって方もいらっしゃると思います。そんなときには、1本だけポイントで取り入れたり、フレンチの部分のみを迷彩にしてみたり、アレンジすることでグッとおしゃれなネイルを楽しめます。

 

 

ジェルネイルはもちろん、発色のよいポリッシュでもアートすることができます。発色のいいポリッシュがない場合はアクリル絵の具で代用しましょう。


 

用意するもの

 

・ベース(※1)
・トップ(※2)
・カラー3〜4色(※3)
・筆2本(※4)

 

※1 ベースコートまたはベースジェル
※2 トップコートまたはトップジェル
※3 ベースになるカラー、迷彩のカラー3色(深みどり、茶色、濃い青がおすすめ。ただしおすすめカラーでなくても大丈夫。迷彩にしたら可愛いんじゃないかなって思う色をいろいろ試してみてください。)
※4 ベース・トップを塗るための筆、アート用の細い筆

 

ベースカラーを塗る

ベースになるカラーまで塗りましょう。ジェルの場合はベースジェル→カラージェルを2度塗りまで。ポリッシュの場合はベースコート→カラー2度塗りまで。

 

 

迷彩1回目

迷彩の1回目を描きます。つまり迷彩の一番下になる部分のアートです。この時点では迷彩に見えなくても全然大丈夫。このあと2色の色を重ねるので、この時点ではたくさん隙間をあけておいてください。

 

 

迷彩2回目

迷彩の2回目を描きます。1回目の迷彩と少しかぶるように描くとリアリティーが出ます。このあとさらに1色重ねるので、まだ隙間をあけておきましょう。

 

 

迷彩3回目

さらに迷彩の3回目を描きます。最後のアートになるので、今まで空いていた隙間などを見ながらバランスよく描きましょう。迷彩をきれいに描くポイントは、全ての柄を同じように描かず、あえて細いところや太いところを作りながらランダムに描くことです。

 

 

トップを塗って完成

最終確認をして、キレイに描けていると判断したら、最後にトップを塗って完成です。ジェルの場合はトップジェルを塗って完全硬化させてください。ポリッシュの場合は、トップコートを塗ります。

 

迷彩アートは、ツヤありも可愛いですが、マットコートで仕上げるのも可愛いです。

 

ツヤ無しの迷彩も可愛いです

 

緑だけでなく、カラーを変えても可愛い迷彩アートになりますよ。

 

カモフラ・迷彩をいろんな色で楽しんでください

 

 

ネイルアート講座 第7回はカモフラ・迷彩のやり方をご紹介しました。いかがでしたか?

 

カモフラ・迷彩は似合う人にはホントに似合いますよね。可愛い&カッコよくキマります。


 

ネイルアート講座 全10回

第8回のテーマ ≫ ワイルド&可愛い魅惑の「ヒョウ柄」

人気のアニマル柄ですが、ヒョウ柄は特にニーズが多いので練習しておくといいです。茶系の一般的なヒョウ柄も可愛いですが、ピンク系などでヒョウ柄を描いてもとても可愛いですね。