【ネイルアート講座3】ラメグラデーション

 

「ラメグラデーション」のネイルアート

 

ネイルアート講座 第3回では、ラメを使った簡単グラデーションのやり方をご紹介します。セルフで、簡単に、可愛くできるので、ぜひ試してみてほしいネイルアートのひとつです。

 

グラデーションとは、一色で根本から全てを塗るのではなく、色の薄いところからだんだんと濃くなっていく濃淡がついたデザインのこと。爪の根本の部分をクリアにするので、伸びてきても気になりにくいのが特徴です。爪が縦長に見える効果もあって、ネイルサロンでも一番人気なデザインです。

 

ジェルを使っても、ポリッシュを使ってもどちらでも大丈夫です。最初からラメが入っているものを使ってもいいですし、クリアとラメを混ぜて使っても同じ仕上がりになりますよ。

 

 

ラメグラデーションは、2色や3色など色が多くても楽しめるデザインです。ですが、最初は1色でできるように練習してみてください。


 

用意するもの

 

・ベース(※1)
・トップ(※2)
・ラメ(※3)
・筆(※4)
・ラメ用の筆(※5)

 

※1 ベースコートまたはベースジェル
※2 トップコートまたはトップジェル
※3 ラメといっしょになっているものでも、混ぜて使用するものでもどちらでも可
※4 ベース・トップを塗るための筆
※5 ベースやトップと同じ筆を使用するとラメが付着して取れなくなるため

 

ベースを塗る

まずはベースを塗ります。ジェルの場合はベースジェル→硬化。ポリッシュの場合はベースコート→乾燥。

 

グラデーション1回目

次にグラデーションの1回目を塗りましょう。このとき、目安は爪の3分の2程度までにして、なるべく先端が濃くなるように意識しましょう。塗り終わったあとにラメのムラが気になるようなら、乾かないうちに筆でラメを移動させましょう。ジェルの場合は硬化前に確認しましょう。

 

 

グラデーション2回目

さらにグラデーションの2回目を塗ります。2回目は爪の先端から3分の1程度までを目安に塗りましょう。先端にいくにつれてどんどん濃くならないとグラデーションにならないので、根本のほうは1回目のみで大丈夫です。

 

 

ラメを足す

仕上がりのバランスを確認し、ラメを足します。グラデーションは、そこまできっちりやらなくても可愛く見えるデザインです。ですが、あきらかにムラになってしまったところなどがあれば、そこだけラメを足しましょう。

 

 

トップを塗って完成

最終確認をして、グラデーションが仕上がったら最後にトップを塗って完成です。ジェルの場合はトップジェルを塗って完全硬化させてください。ポリッシュの場合は、トップコートを塗ります。

 

 

 

ネイルアート講座 第3回はラメグラデーションのやり方について解説しました。いかがでしたか?

 

ラメグラデーションはセルフでやってもそれなりに可愛く見えるデザインです。ぜひ練習してみてくださいね。


 

ネイルアート講座 全10回

第4回のテーマ ≫ カラーの組み合わせが楽しい「ピーコック」

ピーコックという名前があまり知られてないですが、雑誌などでよく見かける人気のデザインです。複雑に見えますが、何度か練習すれば意外と簡単です。いろいろなカラーを組み合わせて楽しんでください。