【Q&A】卒業と同時に独立開業

スクール卒業と同時にサロンを独立開業することは可能でしょうか?

正直なところ、とても難しいことではあります。もちろん成功している人もいますが、それはレアケースと考えたほうがいいと思います。

 

成功するかどうかは、「スクールで何を学んできたのか?」によります。例えば検定取得のための技術をメインで学んできたのであれば、1級を取得したネイリストだとしてもとても難しいでしょう。なぜなら、サロンワークと検定の内容は似ているようで全く違うからです。

 

サロンワークと検定の内容はどのように違うのか?

 

ネイリスト技能検定では、実技の手順や最終的な仕上がりしかテストすることができません。それも、指定された技術とアートを1人のモデルさんに対してだけです。

 

サロンワークでは、毎日多くのお客様が来店し、そのお客様の爪の形や悩みは十人十色です。ネイルモデルのようなキレイな爪の人ばかりではありません。むしろその逆で、いろいろな癖のある爪の人が来店するお客様の大半です。全く実務経験がないネイリストに、爪が小さい、傷んでいる、反っている、曲がっているなどの対処をすることはとても難しいことです。

 

検定では行わないアートや技術もサロンワークではたくさん必要になります。これは、評判のよいネイリストの施術を自腹でたくさん経験していたり、スクールとは別にアートセミナーに参加しているなどのネイルマニアでなければ、いきなりできるものではありません。

 

 

実技だけの問題ではなく、サロンを独立開業するということは、ある程度のマーケティングの知識が必要です。過去になんらかのビジネス経験があったり実家が自営業などの環境でビジネスに対する知識を持ち合わせていなければ、いきなり経営をすることは大きなリスクがあります。


 

「ただネイルができる」だけでネイルサロンを経営していくことはできません。どうしたら利益を出せるのか、少ない資金でも満足度の高いサロンを開業できるのか、これはマーケティングのセンスも必要です。

 

そして、自分でたくさんのことを調べたり学ぼうという熱意のある行動力が必要不可欠です。なんとなくの薄い知識のままサロンの独立開業は不可能に近いことなのです。

 

胸を張って「自分はネイリストです」と言えるか?

 

もちろん、ネイルサロンを開業するのに決められた資格はありませんので、「今日からネイルサロンを開業します」と言ってしまえば開業することは誰にでもできます。

 

ただし、事業主になったからには全責任は自分にあります。万が一にもお客様の爪にトラブルが起こったときに「知りませんでした」は通用しません。お客様が希望する施術に対して「分かりません」「できません」も通用しません。

 

 

自分の技術や知識で、本当にお客様の爪に対して責任をもてるのか、自分だったら今の自分にネイルをお願いしたいのか? まずはそこを考えてみてください。値段をうんと下げれば集客はできるかもしれません。近所の知人だけを集めれば、だれも不満を言わないかもしれません。

 

だけど、胸を張って「自分はネイリストです」と言えるのか、本当に金銭をもらえるほどの知識があるのか、もし少しでもどこか後ろめたい気持ちがあったり、心の中で不安なことがあるのなら、それをすべてクリアにするまで独立開業はおすすめできません。

 

「独立開業コース」を利用してみては?

 

どうしてもスクール卒業と同時に開業したいのであれば、今はネイルスクールでも「独立開業コース」という、開業できる知識を身につけることのできるコースを設けているところもあります。

 

ネイルサロンでの下積みをせずに開業を考えているのであれば、検定の勉強だけでなく、サロンワークにおける基礎知識や、マーケティング、集客の知識などもすべて勉強することができるスクールを選ぶとよいでしょう。

 

 

スクール卒業と同時にサロンを開いて成功している人は、スクールに通っている時点から独立を視野に入れて入念な準備をしているケースがほとんどみたいです。まわりの人たちよりも、10倍くらい真剣に取り組んでいるからこそ成功できるということかもしれないですね。

 

個人的には最初はどこかのサロンで下積みから始めるのが合っているような気がします。