【ネイルサロン開業講座16】ウェブサイトの準備

 

サロンをオープンするときに、必ず用意したいのがウェブサイトです。今現在、新規でネイルサロンを探すのに使用するものは、大体がインターネットです。このインターネットでの集客ができるかできないかによって、今後のサロンの明暗が大きく分かれます。

 

インターネット上に自分のサロンを告知できる一番のメリットは「認知」です。とにかく、ネイルサロンの名前や場所をたくさんの人に知ってもらうことは何よりも大切なことなのです。

 

 

いますぐの集客にはつながらないかもしれませんが、自分の家の近くに○○と言うネイルサロンがあると認知されているということは、もし行きたくなったらそこに行ってみよう、友達がサロンを探しているから教えてあげようとつながっていくのです。


 

ウェブサイトの準備というのは具体的に言うと次の3つです。

 

  • ホームページの作成
  • ブログの作成
  • TwitterやFacebook、インスタグラムなどのSNS

 

【1】ホームページ

 

まずホームページの役割ですが、これは「店の看板」になります。サロンのページを開いてもらえば、場所やメニュー、どんなネイリストがいるのか予約はどこですればいいのかなど気になることが全て載っているものにしたいですね。

 

だけど情報量が多すぎて見ている方が疲れてしまうようでは逆効果です。作成する際には以下の事に気をつけましょう。

 

  • 一目でネイルサロンのホームページだと分かること
  • サロンの雰囲気に合っていること
  • 豊富なアートサンプル、写真は高画質のもので引きと寄りの2種類あること
  • メニューの紹介
  • お客様の声
  • サロンの場所・地図(Googleマップなど)
  • 電話番号

 

これらは、少なくとも載せたいものです。そしてそれを作りっぱなしにするのではなく、こまめに情報更新することによって、見ている方も安心感があります。

 

ホームページの作成は、素人にはなかなか難しいことも多いので業者に依頼するのが無難ではあります。ただし、製作費の他に管理費などといって毎月請求される場合などもありますので、後々のトラブルにならないように、しっかりと確認してから依頼しましょう。少なくとも、作成した後の情報更新の仕方など、最低限の取り扱いかたは聞いて把握しておくべきでしょう。

 

ホームページには、デザイン性の高いテンプレートのみを販売しているところもありますので、それを利用すれば最低限の費用で作成することも可能です。自分にどの程度の知識があるのかによって、依頼する部分も違いますのでいろいろと比較してから決めるとよいでしょう。

 

【2】ブログ

 

次にブログです。ブログの役割は「プロフィールであり、新聞・ニュース」です。日々サロンであったことや、その日のお客様のデザインなどを載せましょう。そしてホームページと連携をとり、両者リンクさせることによって、見る人を増やしホームページでは書ききれなかったサロンの雰囲気やネイリストの個性などを伝えることができます。

 

ブログのメリットは、ホームページほど手間なく作成、更新することができることです。サロン内のネイリストが交代制で書くなどすると、読み手は自分好みのネイリストさんを探すのに役に立ちますね。

 

ネイルの話はもちろんですが、少し自分の趣味や旅行に行ったことなどを載せることによってブログを見てくれているお客様とのコミュニケーションにも使えます。あまり堅苦しい言葉で書く必要はありませんが、読み手が不快にならないように、言葉遣いや小文字の使い方などには注意しましょう。不特定多数の方が見るということを意識して書けばそう難しいことではありません。

 

【3】SNS

 

最後にSNS関連です。SNSの役割は「連絡網」です。TwitterやFacebook、インスタグラムなどは、掲載した写真を不特定多数の大勢の人にものすごいスピードで閲覧してもらえます。そして、よいと思ってもらえるといいね!というボタンを押してもらえたり、シェアといって自分の友達に、「この写真見て!」「可愛くない?」と広めてもらうこともできるのです。

 

ブログと違い、たくさんの文字を書く必要もなく、自分のアピールしたい写真だけを掲載すればいいのが特徴です。ブログよりも圧倒的に簡単ですし、情報の共有もスピーディーです。今月のキャンペーンアートなどが決まったら、サンプルチップを写真に撮ってアップすることによって大きな集客効果が出ることもあります。

 

ブログなどでは、見ているだけにとどまっていた人も、SNSになると交流が活発になり、質問がコメント欄に届いたりします。そういったコミュニケーションを綿密にとれるところも大きなメリットではないでしょうか。

 

ただし、よいことばかりではありません。悪い噂も出回ったら早いのです。「店員が不愛想だった」「ジェルが1週間で取れた」「写真とアートが全然違った」など、マイナスなイメージが一度出回ってしまうと、挽回するのもなかなか難しくなりますので、常日頃から誰に見られても、どんなお客様が来てもしっかりと対応ができるようにサロン内で徹底するようにしましょう。

 

昔と違って、今はインターネットでの検索が当たり前の時代です。予約もインターネット、情報収集もインターネットですよね。上手に使えば、お金をかけることなくたくさんの集客につなげることもできる便利なツールなので、きちんとした知識をもったうえでサロンのインターネット発信をしていきたいものです。

 

 

ネイルサロン運営講座 第16回では、ウェブサイトを用意することの重要性についてお話ししました。いかがでしたか?

 

これまではインターネットで情報を受け取ることばかりだったかもしれません。ですが、ネイルサロン運営者になったら、逆に情報を発信することを考えるようにしたいですね。


 

ネイルサロン運営講座 全17回

第17回のテーマ ≫ 広告宣伝

ネイルサロンの運営を軌道に乗せるには、特に最初のうちは広告宣伝をしっかりやる必要があります。最初はだれも自分のネイルサロンを知らないからです。では具体的にどのような方法で広告宣伝をやっていけばいいでしょうか?