【ネイルサロン開業講座】失敗しない!開業準備のやり方と運営方法記事一覧

ネイルサロンを自分で開業し、成功するためには「どの客層をターゲットにするか?」を考える必要があります。ネイルをする人口は年々増加していて、その客層は学生〜高齢者までとても幅広いのです。その中から「どういった人に向けたネイルサロンにするのか?」ということを考えることで、さまざまなことが見えてきます。まず最初に考えるべきことは「場所選び」です。どこでネイルサロンを開くのかを決めなければ、次のことを考え...

ネイルサロンというのは、開業届を提出し看板を掲げればすぐに始められる業種です。大きい店舗を借りなくても、どこか部屋の隅の一部分で机と椅子とネイル用品さえあれば、だれでもすぐに始められるのが特徴です。とはいえ、何も考えずに、適当な場所で開業していいわけでもありません。ということで、このページでは、ネイルサロンを開業するには、どこに出店するのがいいのか考えてみましょう。店舗を開く場所を選ぶときのポイン...

一昔前は少なかったネイルサロンも今ではぞくぞくとオープンしその数を増やしています。駅前、大型商業施設の中、美容院の中や路面店など、ネイルサロンを見つけることは今や難しいことではありません。お客様はその数あるサロンの中から、お店の雰囲気、価格、技術などさまざまなところをリサーチしてひとつのサロンを見つけ通っています。自分がネイルサロンを開業したら、ひとりでも多くの人に自分の店を選んでほしいですよね?...

ネイルサロンでの「メニューと価格」はサロンとして繁盛するかどうかのとても重要なポイントです。なぜならお客様は何か目的を持ってネイルサロンに来店するからです。お客様は自分の目的が果たされるかどうかを「メニュー」によって決め、そしてそのメニューに対して見合った「価格」なのかを考えお店を決めています。つまりはネイルのメニューが豊富であればあるほど、お客様からの需要が高く選んでもらえるサロンということにな...

できるだけたくさんの人に自分の店を知ってほしい、ぜひ自分の店を選んで来てほしい。これは、どのネイルサロンのオーナーも絶対に思っていることです。では、どうすればたくさんの人から愛されるサロンを作ることができるでしょうか?ネイルサロンの数は年々増え続け、お客様はどの店がよいかをあらゆる情報網から調べあげています。「どこに行っても同じ」ということがないネイルサロンだからこそ「技術・接客・価格・店の雰囲気...

自分でネイルサロンを開業するとき、初期費用の試算はとても重要になってきます。現在の自分の予算に対して、思い描いているサロンを作るにはどのぐらいの費用がかかるのか? この試算がかみ合わなければ、それはただの夢物語になってしまうのです。実際にサロンをオープンさせるには、家賃や光熱費の他にもたくさんの費用がかかります。甘い考えで開業すると、思っていたよりも費用がかさんでしまって払いきれないということにな...

ネイルサロンを開業しようと思えば、それに伴うお金が必要です。開業するときにかかる「まとまった1回の出費」はもちろんですが、その後も毎月「ランニングコスト」がかかることを忘れてはいけません。【1】ランニングコストの試算開業資金として用意するお金とは別に、これからかかるランニングコストの計算もしっかりと視野に入れて準備しましょう。そうしないと、想定外の出費が続き、サロンを続けていくことが難しくなってし...

ネイルサロンを開業するには、「初期費用」と「月次費用(ランニングコスト)」の2種類が必要になります。このうち「ランニングコスト」については、経営を開始した翌月やその次の月からの支払いになるため、前もって準備をしない方も多いと聞きます。ですが、開業当初は集客が不安定なことも予想されますし、何の蓄えもないままでは不安要素が大きいです。そういう意味で、できれば「3ヶ月分」程度のランニングコストを用意して...

ネイルサロンを開業するのに「店舗探し」はとても重要です。自宅での開業を考えている場合を除いて、店舗探しが終わらないことには何も始めることができないからです。さらに言えば、どの場所でどのようなサロンを運営したいのか、自分のビジョンをしっかりと持っていることが大切になってきます。開業する場所で顧客のターゲットが異なるからです。【関連記事】顧客のターゲット層を具体的に設定〜エリア選びのポイント〜これらの...

自分のお店をオープンするなら、自分好みの内装にしたいと思うかたは多いと思います。では、実際に内装をリフォームするとしたら、どのような手順で進めていけばいいでしょうか?※賃貸マンションや一部のテナントでは改装を禁止しているところもあります。テナント契約前に事前に確認するようにしてください。リフォームには多額な費用がかかりますので、まずは自分が負担できる「予算」を決めましょう。予算の中で現実的にできる...

サロンの場所や内装が決まったら、次は何をどこに置くのかを考えなくてはいけません。実際に家具を動かすのは重労働になるので、まずは紙に書いてみるとよいでしょう。このときに気をつけなければいけないのは、「見た目と効率」です。お客様の導線設計迷路のように入り組んでいたり、物がゴチャゴチャしていては移動の効率が悪く見た目がよくありません。まず入口からお客様が来店し、どこに誘導するのかを決めます。待合のスペー...

ネイルサロンを開業するにはそろえなければいけない設備や什器(じゅうき)があります。これは予算の問題がありますので、最低限の範囲でそろえる方もいればこだわりの物を全てそろえる方までさまざまだと思います。机・椅子ではまず、ネイルサロンを運営していくのに、必ず必要なものは何でしょう? それは「机・椅子」です。お客様は最低1時間は座って施術を受けます。直接床に座っての施術は負担がかかるため、どこのネイルサ...

ネイル用品はどのようなところから仕入れたらいいでしょうか? 経営者としてコストダウンを考えるのは大切なことですが、プロとしての品質を保つためにはコストダウンの視点ばかりではよくありません。このページでは、ネイル用品の仕入れについて基礎知識をご説明します。セルフや趣味のネイルであればディスカウントストアでの仕入れもあるかもしれません。しかし、お客様からお金をもらうプロである以上、安心で安全である「プ...

自分のサロンをもつのなら、インテリアにはこだわりたいと思う方が多いと思います。インテリアは、店のコンセプトそのものですし、それによって客層にも変化があります。それに連動して提示するサンプルチップまで変わってきます。ターゲットに合わせたインテリアを心がけましょう30代、40代の客層がターゲットであれば、少しシックな感じがよいでしょう。カラフルな色づかいよりは、モノクロにゴールドの差し色をいれて3色程...

自分でサロンを開業するさいに、初期費用を計算し、メニューや仕入れなどさまざまなお金の計算をすると思います。つまり、「こうなればよいな」「こういう風になるだろう」とある程度の予測のもとで、予約の受け入れ状況や材料の仕入れ、必要なネイリストの人数などを考えて開業するわけです。ですが、実際にはじめてみるとある程度の「ズレ」が生じてくるときがきます。これはよい方にズレることもあれば、こんなはずじゃなかった...

サロンをオープンするときに、必ず用意したいのがウェブサイトです。今現在、新規でネイルサロンを探すのに使用するものは、大体がインターネットです。このインターネットでの集客ができるかできないかによって、今後のサロンの明暗が大きく分かれます。インターネット上に自分のサロンを告知できる一番のメリットは「認知」です。とにかく、ネイルサロンの名前や場所をたくさんの人に知ってもらうことは何よりも大切なことなので...

サロンをオープンしたらまず、「ここにネイルサロンがありますよ」と大勢の人に知ってもらうことが必要です。どんなに腕のいいネイリストが在席していても知られていなければ意味がないからです。宣伝の方法は集客したいターゲット層や地域、予算などに合わせて異なります。最初に取り組むべき広告宣伝とは?地域密着で地元の人に宣伝をしたいのならチラシの配布が効果的でしょう。「○月○日にOPENしました!」と新しくオープ...