【ネイリスト基礎講座1】「ネイリスト」とは何をする仕事か?

 

人気のお仕事「ネイリスト」について

 

多くのおしゃれ女子がファッションの一部に取り入れているネイル。定期的にサロンに通ううちに、「自分でもやってみたい!」「私にもできそう!」と思ったことはないでしょうか? 実際、自宅でネイルをするセルフネイラーさんも多いですし、さらに進んで、プロのネイリストになりたいと考える女性も増えてきています。

 

ネイリストになる夢をかなえるために

 

ですが、いざネイリストになりたいと思っても、何から始めればいいのか分からないという声をよく聞きます。そして、一歩踏み出せないまま「今の仕事を辞めてまで…」というネガティブな気持ちになってしまい、結局ネイリストの夢をあきらめてしまうケースが多いようです。

 

そこで、ネイリスト基礎講座 第1回では、ネイリストとはどういう仕事なのか詳しくお話しします。もしネイリストになるかどうか悩んでいるなら、まずはネイリストの仕事内容について理解しておきましょう。

 

 

ネイリストのお仕事は、もちろん大変なことも少なくありません。ですが、それ以上にやりがいのある楽しいお仕事です。ぜひあなたにもネイリストの仲間入りをしていただきたいです。


 

【1】ネイリストの仕事内容とは?

 

ネイリストの一番の仕事は、お客様の爪をキレイにして喜んでもらうことです。大切なことなので、もう一度言いますね。ネイリストの仕事とは、お客様の「爪をキレイにする」こと。そして、お客様に「喜んでもらう」ことです。

 

プロネイリストの技術を提供

ネイルサロンに来る目的は人それぞれ全く違います。おしゃれに敏感な女性だけでなく、今や男性も身だしなみのひとつとしてネイルサロンで甘皮のケアをしています。子育て中のママはもちろんのこと、何歳になっても女性の心を忘れないお年寄りの方も多く来店します。

  • 結婚式や成人式など行事のために爪をキレイにしたい人
  • 流行の最先端を常に意識したおしゃれな人
  • 爪にコンプレックスがあり、それを隠したい人
  • 七五三や長期休暇に爪を可愛くしたいおませな子供
  • 爪が割れないように補強に来る野球選手などアスリート
  • 取引先に清潔感をアピールしたいサラリーマン
  • その他いろいろ

お客様にはそれぞれの人生があり、それぞれのニーズがあります。ネイリストはお客様おひとりおひとりの「どうしたいか?」「どうなりたいか?」という想いに共鳴しながら、日々新しいアートや技術を提供していくのが仕事なんです。

 

リフレッシュできる時間を提供

施術の時間は自分とお客様の「一対一の対話の時間」でもあります。ただ黙々とネイルをするのではなく、家でのネイルケアの方法や次にしたいアートの提案をしたり、日々の悩みや愚痴を聞いてあげることによって気持ちまでリフレッシュするお手伝いをしたりもします。

 

ただ顔を合わせて会話するのと違い、手と手を触れ合いながら会話を進めることによってネイリストに対して安心感を覚え、ついいろいろな話をしてしまうというお客様が多くいらっしゃいます。

 

 

目的はさまざまでも、ひとりひとりが自分の爪を見ながら笑顔で満足して帰ってくれるのはうれしいものです。結局、お客様の笑顔がネイリストとしての一番の喜びではないかなと思います。

 

うれしい気分を提供

爪は体のほんの一部ですが、生活の中でよく目につく場所です。ペンを持つとき、レジでお金を渡すとき、ふと目に入ってキレイな自分の爪を見てうれしい気分になる。ネイルをしたことがある方なら、そういう経験をしたことがあるのではないかと思います。

 

自分の提案したネイルで喜んでくれる人がいて、さらにいろいろな人がそのネイルを見て褒(ほ)めてくれたり、真似してみたいと思われる。それって最高にやりがいを感じられる仕事だと思いませんか?

 

【2】プロネイリストとセルフネイラーの違いとは?

 

ネイリストというお仕事について考える場合に、セルフネイラーとプロネイリストは何が違うのかハッキリさせておいたほうがいいと思います。爪に色を塗るだけなら、プロでなくてもいいじゃないかと思うかもしれないからです。

 

ネイルの溶剤は危険なものも多い

 

近年、ドラックストアなどで簡単にネイル用品が手に入るようになり、それにともないセルフネイラーの数が増加しました。プロが勉強や練習を重ねて習得したジェルネイルの技術を、簡易な説明書を見ながら自宅で自分でやったりするわけです。

 

ですが、本来ネイルで使う溶剤類には知識がないと危険なものがたくさんあります。それを安易に使用することで爪に大きなダメージを与えてしまい、皮膚トラブルを引き起こしてしまう事例も実際に増えています。

 

安全・安心を提供できるプロネイリスト

 

ネイリストは爪をキラキラにキレイにするだけの人ではありません。安心・安全にネイルをするための知識もしっかり持っています。

 

 

ネイリストになるためのスクールでは、技術よりも先に爪の基本的な構造や名称・爪の病気などを学び、使う材料ひとつひとつの成分を知り、間違った使い方をすれば人体にどんな影響がおこるのかをしっかり理解したうえで技術を学んでいきます。だからこそプロとして、人にネイルができるようになるのです。

 

【3】まとめ

 

ネイリストの仕事は「爪をキレイにして喜んでもらう」ことを目的としています。ただし、キレイにするというのはただ単にアートすればいいという話ではありません。相手がどうなりたいのかを心から理解し、プロの技術でそれをかなえてあげることです。

 

そのためには安心・安全な技術を提供する義務があるということを忘れてはいけません。そしてそれができるのは、少しネイルアートが上手・絵がうまい・センスがよいという人ではありません。しっかりと爪についての勉強を積み、たくさんの技術練習を重ねた人です。

 

本当のプロネイリストが求められている

 

最近はセルフネイルで爪をボロボロにしてしまった経験から、プロのネイリストに任せる方が増えてきています。ネイル業界の向上意識も高く、常に流行のアートを生み出しています。それもただアートができるだけでなく、爪の専門的な知識も身につけた「爪のプロ」が世間には求められているように思います。

 

これからネイリストになりたいと考えている方には、いろいろな知識や技術を身につけ、誰もが安心して任せることのできるプロフェッショナルなネイリストを目指していただきたいです。

 

 

ネイリスト基礎講座 第1回では、ネイリストのお仕事について掘り下げて考えてみました。いかがでしたか?

 

ネイリストはお客様の「こうなりたい!」を実現するためのお仕事です。お客様ひとりひとりの夢をかなえる、とてもやりがいのあるお仕事ですね。


 

ネイリスト基礎講座 全11回

第2回のテーマ ≫ ネイリストの活躍の場

ネイリストが働く場所はネイルサロンだけだと思っていませんか? たしかにネイルサロンはネイリストが働く場所のひとつですが、じつはそれ以外にもネイリストが働ける場所はいろいろあるんです。ここでは代表的な7つの職場に分類してみましょう。